青山学院大学 研究者情報   
 
TOPページ      


  アレン タマイ ミツエ
  ALLEN 玉井 光江   青山学院大学 文学部   教授
■ 担当科目
     英語教育学特講(2)(第一部)・英語学特講(7)(第一部)、初等英語教育論研究Ⅰ・Ⅱ(大学院)、英語学演習(9)・英語教育学演習(1)
■ 専門分野及び関連分野
    小学校英語教育, 第二言語教育, 読み書き教育 
■ 学歴
ノートルダム大学英語学部卒業
サンフランシスコ州立大学大学院英語教育専攻修士課程修了
テンプル大学日本校大学院教育学研究科英語教育学専攻博士課程修了
■ 最終学位
Ed.D.(教育学)
■ 職歴
広島大学 理学部数学教室事務補佐官
文京女子短期大学英語英文学科 非常勤講師
青山学院大学経済学部 非常勤講師
文京女子短期大学英語英文学科 専任講師
文京女子短期大学英語英文学科 助教授
ハーバード大学 大学院教育学研究科客員研究員
東京外国語大学外国語学部 非常勤講師
文京女子大学人間学部 助教授
文京女子大学大学院人間科学研究科 助教授
上智大学外国語学部 非常勤講師
テンプル大学大学院教育学研究科 非常勤講師
文京女子大学人間学部 教授
文京学院大学外国語学部 教授
青山学院大学文学部 非常勤講師
青山学院大学大学院文学研究科 非常勤講師
千葉大学教育学部・大学院教育学研究科 教授
■ 所属学会
大学英語教育学会
日本児童英語教育学会
日本教育心理学会
アジア英語教育学会
小学校英語教育学会
リーディングに関する科学的研究学会
■ 
1999 優秀賞「小学校英語・国際理解Say Hello!(CD-ROM)(日本視聴覚教育協会)
■ 研究テーマ
(長期) 初期学習者における効果的なリタラシープログラムの開発 
(長期) 文脈を大切にした小学校英語ーストーリーを中心にしたカリキュラム開発 
■ 社会的活動
1. 2007/04~ Action Research Center for Language Education(小学校英語教育に関する研究・調査)
2. 2008/04~
2009/03
金沢市教育委員会特別講師制度
3. 2008/06~
2010/03
南房総市GEL運営指導委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 【著書】  『小学校英語の教育法 ―理論と実践―』  (単独)  2010/02
2. 【著書】  『ストーリーと活動を中心とした小学校英語』  (単独)  2011/08
3. 【著書】  『シナモンえいごえほん』  (単独)  2007/10
4. 【著書】  『ドラえもんバイリンガル絵本1・2』  (単独)  2005/12
5. 【著書】  『幼児から成人まで一貫した英語教育のための枠組み―ECF―』  (共同)  2005/08
6. 【著書】  『小学生の英語の学習状況と理解力の調査研究』  (共同)  2004/10
7. 【著書】  『Big Fun Book 2・3』  (共同)  2003/06
8. 【著書】  『Little Readers 1~3』  (単独)  2003/04
9. 【著書】  『Junior Horizon Hi,English 1・2』  (共同)  2003/04
10. 【著書】  中学校外国語科用文部科学省検定教科書『New Hrizon English Cource 1~3』  (共同)  2002/04
11. 【著書】  「基本的な指導法とテクニック」『アルク児童英語教師養成金本的指導法とテクニック』    2001/04
12. 【著書】  『English Pronunciation for Better Communication』  (共同)  1993/04
13. 【論文】  「公立小学校における効果的なリーディング指導について(1)―アルファベット指導―」  (単独)  2008/02
14. 【論文】  「小学生のアルファベット知識の発達と音韻認識能力の関連性について」  (単独)  2008/02
15. 【論文】  「公立小学校における文字教育について」  (単独)  2007/11
16. 【論文】  "Bridge between phonetic education and literacy for young EFL learners"  (単独)  2007/03
17. 【論文】  「小学生のアルファベット認識について」  (単独)  2006/06
18. 【論文】  "Cross-cultural study on parental expectations in child SL learning"  (単独)  2006/02
19. 【論文】  「言語教育としての児童英語教育―リテラシー教育のあり方と提案―」  (単独)  2005/11
20. 【論文】  「公立小学校における英語のリテラシー教育について」  (単独)  2005/10
21. 【論文】  "Cross-Linguistic transfer of phonological awareness from Japanese to English"  (単独)  2004/12
22. 【論文】  「小学生に対する英語の初期Literacy教育」  (単独)  2004/04
23. 【論文】  「公立小学校における英語活動について」(1)  (単独)  2001/12
24. 【論文】  「より良い英語教育に向けての取り組みⅡ―3歳児への英語教育をはじめるに至るまで―」  (単独)  2001/12
25. 【論文】  「幼児英語教育について」  (単独)  2000/12
26. 【論文】  "Phonological awareness and reading ability of young Japanese learners of English"  (単独)  2000/09
27. 【論文】  「音声教育からReadingへの橋渡し」  (単独)  1999/03
28. 【論文】  ""Phonological awareness of young EFL learners―Can Mother Goose teach seconds?"  (単独)  1998/06
29. 【論文】  「早期英語教育におけるリーディング教材開発」  (単独)  1997/12
30. 【論文】  "Language choice of a Japanese returnce"  (単独)  1997/03
31. 【論文】  "Narractives in conversation"  (単独)  1996/12
32. 【論文】  「児童英語におけるリーディング指導」  (単独)  1996/05
33. 【論文】  「第二言語習得研究」  (単独)  1995/12
34. 【論文】  "Child learner's interactions in a second language classroom"  (単独)  1995/06
35. 【論文】  "To be Literate in a second language"  (単独)  1994/12
36. 【論文】  「短期大学における児童英語教師の養成」  (単独)  1994/03
37. 【その他】  『NHKラジオ基礎英語Ⅰ』  (単独)  1996/04
■ 研究業績(招待講演)
1. 2011/11/09 小学校での英語教育の 可能性を考える ―公立小学校での挑戦―  (大学英語教師の会(JACET)バイリンガル研究会(単独))
2. 2011/10/02 小学校英語の教育法 その理論構築にむけて  (ことばの科学会(単独))
3. 2011/01/20 English Education in Japan for the 21st century  (The International Conference at Yonsei(単独))
■ 研究業績(学会発表)
1. 2010/07/09 What affects the development of word recognition among young Japanese EFL learners?  (Society for Scientific Study of Reading(単独))
2. 2008/08/25 Phonological awareness an dreading development of young learners from non-alphabetical background  (AILA2008(国際応用言語学会世界大会)(Association Internationale de Linguistique Appliquée)(単独))
3. 2008/07/20 初期英語教育におけるリタラシー教育  (小学校英語教育学会第8回全国大会(共同))
■ 外部資金導入状況(国からの補助金)
1. 2011/04~
2015/03
英語の初期学習者を対象としたリタラシー教育に関する研究―小中連携の観点から―(科学研究費補助金)(基盤研究(B)(研究代表者))
2. 2011/04~
2014/03
文脈を大切にした小学校英語教育―ストーリーを中心にしたカリキュラムの開発―(科学研究費補助金)(挑戦的萌芽研究(研究代表者(単独)))
3. 2008/04~
2011/03
小学生の英語の語彙知識に関する研究―音韻認識能力、文字知識、国語力との関連(科学研究費補助金)(基盤研究(C)(研究代表者(単独)))
4. 2007/04~
2010/03
英語入門期におけるリタラシー教育導入に関する研究(科学研究費補助金)(基盤研究(B)(研究分担者))
 閉じる
 このページの先頭へ

 Copyright © 2003-2004 Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.