(最終更新日:2018-05-26 18:05:27)
  スミ カズヒコ   SUMI, Kazuhiko
  鷲見 和彦
   所属   青山学院大学  理工学部 情報テクノロジー学科
   職種   教授
■ 担当科目
数理モデル解析法(第一部)、プログラミング基礎Ⅰ(第一部)、情報セキュリティ(第一部)、情報セキュリティ特論(大学院)、情報テクノロジー体験演習(第一部)、
■ 専門分野及び関連分野
情報学, 視覚情報処理, 知識情報処理, センサ情報処理, 個人認証 
■ 学歴・学位
1. 京都大学 工学部 電気系学科 卒業
2. 京都大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻 修士課程修了
3. 京都大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 1984/04~2003/03 三菱電機株式会社 主任研究員
2. 2003/04~2006/03 京都大学大学院情報学研究科 知能情報専攻・研究員(COE)客員教授
3. 2006/04~2010/09 三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 センサ情報処理システム技術部・部長
■ 所属学会
1. 1992/05~ 電子情報通信学会
2. 1994/05~ 情報処理学会
3. 2009/12~ 計測自動制御学会
4. 2012/04~ 一般社団法人 日本ロボット学会
■ 
1. 1998/09 社団法人日本ロボット学会 実用化技術賞
2. 1999/04 科学技術庁 第58回注目発明 選定
3. 2000/04 社団法人日本電気機械工業会 功労者表彰 会長賞 Link
4. 2003/06 画像センシングシンポジウム 論文賞 Link
5. 2006/06 画像センシング研究会 高木賞 Link
全件表示(9件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2017/04/01~2019/03/31 青山学院大学 理工学部情報テクノロジー学科主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1982/04~  コンピュータビジョン・ロボットビジョン 個人研究 
2. 1997/04~  生体個人認証 個人研究 
■ 社会的活動
1. 2009/11 International Conference on Computer Vision (ICCV), Industrial Liaison Chair
2. 2009/05 IAPR Workshop on Machine Vision and Automation, Publicity Chair
3. 2007/11 Asian Conference on Computer Vision, Workshop Chair
4. 2007/09~2011/03 IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications(CVA), Associate Editor
5. 2006/06 画像センシングシンポジウム 実行委員長
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/05~ 電子情報通信学会 バイオメトリクス研究専門委員会 委員長
2. 2015/11 第5回バイオメトリクスと認証シンポジウム(SBRA2015) 実行委員長
3. 2013/05~2015/05 電子情報通信学会 パターン認識メディア理解(PRMU)研究専門委員会 委員長
4. 2012/05~2013/06 11th International Conference on Quality Control by Artificial Vision Program Chair
5. 2012/05~2015/05 電子情報通信学会 バイオメトリクス研究専門委員会 委員
全件表示(21件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  Detection of Defective Regions in 3D Reconstruction to Support Image Acquisition (共著) 2017
2. 論文  Fast Obstacle Detection for Monocular Autonomous Mobile Robots (共著) 2017
3. 論文  人物のジェスチャーを加味した歩行者グループ検出 (共著) 2017
4. 論文  行動の一部に見られる特徴に着目する歩行者グループ検出 (共著) 2016/12
5. 著書  高精度化する個人認証技術 (共著) 2014/11
全件表示(29件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2017/12 Fingerprint Recognition --- Systems and Algorithms(Sendai (Japan))
2. 2015/06 Time-series Range Data Analysis for Pedestrian Group Segmentation(Kitakyushu, Japan)
3. 2015/03 背景からの前景抽出の研究動向(東京)
4. 2014/05 背景からの物体抽出 ― 背景のモデリングと前景物体の抽出方法(東京)
5. 2012/09 The Past, Present, and Future of Human Observation(Beijin, China)
全件表示(7件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2017/10 Attention-Based Multimodal Fusion for Video Description(International Conference on Computer Vision (ICCV))
2. 2017/05 Spatial and Temporal Segmented Dense Trajectories for Gesture Recognition(International Conference on Quality Control by Artificial Vision (QCAV))
3. 2017/05 Two-stage Model Fitting Approach for Human Body Shape Estimation from a Single Depth Image(International. Conference on Machine Vision and Application (MVA))
4. 2016/07 Micro-Expression Recognition for Detecting Human Emotional Changes(Human-Computer Interaction)
■ 研究業績(取得特許)
1. 2005/10/23 人物検出装置(特許3734793)
2. 2006/06/23 人物状態判別装置(特許3819292)
3. 2006/09/01 3次元形状計測装置(特許3847686)
4. 2006/10/27 画像処理装置(特許3872061)
5. 2007/03/16 監視装置および方法ならびにプログラム(特許3929819)
全件表示(8件)